[an error occurred while processing this directive] [三原順メモリアルホームページ]

三原順さんの略歴


1952年10月7日札幌市に生まれる。

本名・鈴木順子。

漫画らしきものを描き始めたのは中学のとき。 ペンネームの「三原」は、当時ブームだったグループサウンズの、 ブルーコメッツというバンドのギタリスト三原綱木さんから取ったもの。

札幌南高校在学中、集英社「別冊マーガレット」まんがスクールに投稿するが、 結果は5段階評価の下から2番目。 卒業後、地元企業に就職、合間に執筆、投稿を続ける。 しかし、独自の作風は 「わかりにくく一人よがりなストーリー」と厳しい評価。

14回の投稿の後、 別冊マーガレット1973年3月号「ぼくらのお見合い」でデビュー。

「ラスト・ショー」などの短編の後、 1975年から白泉社「花とゆめ」誌で始めた「はみだしっ子シリーズ」は、 それぞれに心に傷を負って彷徨う4人の少年たちの生き様、鋭い人間観察、 ウィットに富んだユーモアなどで圧倒的な支持を獲得。 1976年白泉社「LaLa」誌創刊と共に連載を始めた 「ルーとソロモン」のドタバタ喜劇の魅力と共に、 三原順の名前を広く知らしめることとなった。

その後も「はみだしっ子」サイドストーリーである「ロング・アゴー」、 自殺を巡る連作「セルフマーダー・シリーズ」、 原発と身勝手な消費者に挟まれた電力会社が舞台の 「Die Energie5.2☆11.8」など意欲作を発表。 ほぼ全編を書き下ろした『X Day』は、 複数のテーマを重厚に織り交ぜながら現代社会において 「自分で考える」ということの意味を改めて問い直す力作となった。

1984年、DDとトマスが青年時代に再会するところから ムーンライティングシリーズを開始。 大人のDDとトマスの一連のシリーズの後、 1986年より「花ゆめEPO」誌で少年時代の二人の出会いを描く 「Sons」を連載、1990年のEPO休刊まで続く長編となった。

その後、主婦と生活社から「夢の中 悪夢の中」などの短編を発表。 1993年に別冊花とゆめに掲載された「ビリーの森ジョディの樹」は、 新たな長編シリーズとなるはずだった。 しかし、1995年3月20日急逝、未完の遺作となる。

享年42歳。東京がサリン騒動に揺れた日のことだった。

文責:立野昧

この文章は、劇団 Studio Life により三原順「Sons」が演劇化された際、 パンフレットに立野が書いた「三原順バイオグラフィー&作品紹介」を元に、 加筆修正して掲載したものです。 明らかな間違いなどございましたら、ご連絡ください。
立野のトップページへ / 三原順メモリアルページトップへ
[an error occurred while processing this directive] (C) Mai Tateno 立野 昧